冤罪で逮捕された喜邑拓也(きむらたくや)さんの無罪を求めます!!

喜邑拓也(以下、喜邑)さんは、去る平成28年11月21日、中村区の自宅において強制わいせつの疑いで逮捕され、西枇杷島署に勾留されました。更に12月9日、一旦釈放の後、「別件」という形で再び不当な逮捕で勾留されました。しかし、弁護士による「準抗告」が認められた結果、この別件逮捕による勾留延長は取り消され、喜邑さんは釈放されました。ところが、平成29年1月23日、検察庁は、不当にも喜邑さんを在宅のまま起訴しました。喜邑さんは強制わいせつなどしていません。「冤罪」での起訴は不当です。

清須市教育委員会の文書開示についての対応

f:id:kimuratakuya-enzai:20171214074605j:plain

平成29年
①7/27 清須市教育委員会(以下、市教委)に対し、『平成28年1月22日(金)に起きたとされる非違行為についてのメモや記録の一切』の開示請求...

②8/3 市教委は、『刑事捜査に支障が生じるため不開示』との回答

③8/7 防災行政課に対し、「捜査は終わっているので、不開示の理由としてはおかしいので、審査請求書を提出する」と喜邑が申し出る

④8/8 市教委は、「やっぱり開示することにします」との返事、取りに来てくださいとのこと

⑤8/10 市教委に開示文書を取りに行く(1)
・公文書が2枚開示された
・「メモや記録が、これだけのはずがない。もっとあるはずだ」と言うと、「わかりました、探してみます」とのこと。「1週間後に連絡します」とのこと。

⑥8/17 1週間たったが連絡なし。夜になって、こちらから市教委に電話すると、「今電話するところでした~」と。開示しますので、取りに来てくださいとのこと。

⑦8/25 市教委に開示文書を取りに行く(2)
・また2枚程度しか開示しない
・市教委の対応があまりにもひどいので、審査請求書を提出。すると「こんなもの出されても、無いものは無いんです!!」と逆切れをした。

⑧8/29
・事件が起きたとされる当時の市教委の担当者(石川孝志参事=現新川中学校長)と面談。聞けば、「メモや記録はある。市教委にすべて置いてきた」とのこと。
・その後、市教委へ行くと、「よく探したらありました~」とのこと。早急に開示するよう要求。

⑨9/7 市教委へ開示文書を取りに行く(3)
・50枚以上にも及ぶ記録が開示されたが、ほとんど黒塗り。
・開示された書類は『岡校長作成の対応記録』。石川参事が作成した記録(尾張教育事務所や県教委教職員課とのやりとり等)は一切開示されず。

⑩10/26 市教委に開示文書を取りに行く(4)
・文書を開示するので、これで勘弁してくれというような対応。8月に提出した審査請求書を未だ受理しておらず、返却される。
・開示書類のほとんどが黒塗り状態。

この4か月の間に、市教委へ足を運んだ回数は計8回。

⑪11/9 防災行政課に対し、市教委の今までの対応を報告。後日、防災行政課の立ち合いのもと、話し合いをすることを約束。

⑫11/14 防災行政課の立ち合いのもと、市教委と面談。
・市教委は、その場で審査請求書を受理すること。
・第三者の有識者を招集し、審理を行うこと。
・審理等の今後のスケジュールが分かった時点で喜邑に明らかにすること。
以上3点の要求がすべて通った。

・さらに、市教委の内部だけで対応せず、審理や開示の進捗状況を『市教委→防災行政課→人事秘書課→市長』へと逐一報告することも約束した。

【まとめ】
・最初は「無い」と言っておきながら、抗議するごとに「やっぱりありました」などと、書類を小出しにし、何度も足を運ばせる。しかし、開示された書類はほとんどが黒塗り。
・まずい書類であるが故に、外部の目に晒したくない。よって、審査請求書を受理しなかった。これは条例違反である。
・この4カ月の間の市教委のひどい対応を、同じ市役所内の他の部署は知らない。市教委内で隠蔽し、市役所内で報告、連絡、情報共有を怠った。
・本事件に関わる書類は他にも多数存在することが調書や公判によって明らかにされているが、未だ開示しない。
・防災行政課の迅速な対応は好感が持てる。市教委の対応とは真逆である。