冤罪で逮捕された喜邑拓也(きむらたくや)さんの無罪を求めます!!

喜邑拓也(以下、喜邑)さんは、去る平成28年11月21日、中村区の自宅において強制わいせつの疑いで逮捕され、西枇杷島署に勾留されました。更に12月9日、一旦釈放の後、「別件」という形で再び不当な逮捕で勾留されました。しかし、弁護士による「準抗告」が認められた結果、この別件逮捕による勾留延長は取り消され、喜邑さんは釈放されました。ところが、平成29年1月23日、検察庁は、不当にも喜邑さんを在宅のまま起訴しました。喜邑さんは強制わいせつなどしていません。「冤罪」での起訴は不当です。

事件当日の新聞記事

以下、今回の私の事件の新聞記事です。

 愛知県警は21日、名古屋市中村区稲西町、市立小学校教諭の喜邑拓也容疑者(36)を強制わいせつの疑いで逮捕し、発表した。「私はやっていません」と容疑を否認しているという。西枇杷島署によると、喜邑容疑者は、今年1月22日午後1時25分ごろ、勤務する小学校の教室内で掃除をしていた女子児童(当時7)の体を触るなどした疑いがある。県警は、女児の保護者から3月下旬に告訴状を受理し、捜査を続けていた。(2016.11.21 朝日新聞

 この記事を読んだ限りでは、多くの人は「喜邑は犯人だ」と思うでしょうし、体のどの部分を触ったのかの憶測も飛ぶでしょう。しかし、被疑事実は、一つ目は、平成28年1月22日(金)の掃除の時間、クラスの児童、少なくとも20人以上がいる中で、「喜邑が女児の服の中に手を入れ、乳首を弄んだ。」というものである。二つ目は、同日5時間目の授業中に、パソコン室でクラスの児童全員がいる中で、「喜邑が女児を抱きかかえて、唇にキスをした。」というものである(キスの件は不起訴)。
 いずれも常識的に考えて、他の児童に見られるのを承知の上で、あえてこのような状況で上記の行為に及ぶはずがない。もし、それらの行為があったとすれば、見ていた児童はいずれも家庭で親に話し、保護者から学校へ苦情が相次ぐのが自然であるが、そのような事態は生じていない。

 しかし、校長は平成28年1月25日(月)、女児の保護者の訴えに怯え、否認している喜邑を犯人扱いし、事を荒立てないようにした。そして詳細な事実確認をしなかった。事実確認をすれば、喜邑が無実であることが明らかになるためである。学級の保護者にも何の説明もしなかった。
 事実、学級の保護者の何人かに聞いても、「子どもは、喜邑先生がそんなことをしているのを見たことがないと言っている」と仰っているし、校長は3月になって県教委の指示によって、学級の児童に聞き取りをしているが、目撃証言は一切出てきていないのである。

 それでも検察側は、喜邑を有罪にするために、あの手この手と必死なのです。次回の公判では、スクールカウンセラーが証人として来るのです。初期対応を誤った、今回の事件のキーマンである『校長』を応援するために、喜邑を有罪にするために証言しに来るのです。ひどい話です。