冤罪で逮捕された喜邑拓也(きむらたくや)さんの無罪を求めます!!

喜邑拓也(以下、喜邑さん)は、さる11月21日、中村区の自宅において強制わいせつの疑いで逮捕され、 西枇杷島署に拘留されました。更に12月9日、一旦釈放の後、「別件」という形で再び不当な逮捕で拘留されました。 しかし、弁護士による「準抗告」が認められた結果、この別件逮捕による勾留延長は取り消され、喜邑さんは釈放 されました。ところが、1月23日、検察庁は、不当にも喜邑さんを「在宅起訴」としました。喜邑さんは強制わいせつなどしていません。 「冤罪」での起訴は不当です。

告訴状って何ですか?

【告訴状って何ですか?】

 7月7日の第3回公判の、裁判官とのやりとりで・・・
裁判官「最後に私の方から1つだけ質問します。あなたは告訴状を提出した記憶はありますか。」
女児の母親「えっ? 告訴状って何ですか?」
(検事が告訴状を書画カメラで見せる)
女児の母親「あっ、これは私の署名です。」

 私はこの母親の発言に大変驚きました。告訴状の本文は自分で書いたものではない、署名・捺印だけは自分でした、ということでしょうか。だれが告訴状を書いたのでしょうか。誰かに言われて告訴状を出したのでしょうか。女児の母親は校長と一緒に警察に行っているので、やはり校長に促されて告訴状を提出したのでしょうか。