冤罪で逮捕された喜邑拓也(きむらたくや)さんの無罪を求めます!!

喜邑拓也(以下、喜邑さん)は、さる11月21日、中村区の自宅において強制わいせつの疑いで逮捕され、 西枇杷島署に拘留されました。更に12月9日、一旦釈放の後、「別件」という形で再び不当な逮捕で拘留されました。 しかし、弁護士による「準抗告」が認められた結果、この別件逮捕による勾留延長は取り消され、喜邑さんは釈放 されました。ところが、1月23日、検察庁は、不当にも喜邑さんを「在宅起訴」としました。喜邑さんは強制わいせつなどしていません。 「冤罪」での起訴は不当です。

9月12日の公判は岡春彦校長の証人尋問

【9月12日の公判は岡春彦校長の証人尋問】

 次回の公判が岡春彦校長の証人尋問ですので、この事件に関する岡校長の対応についてまとめてみます。

● 喜邑とは、およそ20分の聞き取りのみで、クラスの子どもに全く聞き取りをしていない。喜邑は認めていないのに、「認めた」として清須市教委・尾張教育事務所・愛知県教委に報告書をあげてしまった。更に当日夜9時まで拘束。

● 保護者と直接会って、話をする機会を与えてくれなかった。

● 翌日、朝の職員朝礼で、「喜邑がわいせつ行為をした」と全職員の前で発言。更には喜邑と一切連絡を取らないようにと職員に命令した。

● 翌日から喜邑に欠勤を命じ、事実上の給料取り上げ処分をした。本来、減給等の懲戒処分は任命権者である愛知県教育委員会が行うものであり、校長が給料取り上げ処分を行うことは越権行為であり違法である。

● 地方公務員法27条「すべて職員の分限及び懲戒については、公正でなければならない。」とあるが、喜邑に不利益で、とても公正ではない。

● 翌日から「やっていない」と毎日のように電話したが聞く耳を持たず、20日後にやっと保護者に説明をした。しかし「喜邑が最初は認めていたのに、やっていないと証言を変えてきた」と説明。

● 校長は女児の保護者と一緒に警察に行き、被害届を出している。

● 26年度に教員免許更新の講習を修了し、申請書を提出し、更新手続きが完了したと思ったが、校長が申請書を紛失。27年度末の時点で免許更新の手続きがされていなかった。危うく28年度の4月から無免許で教壇に立つところであった。

 本来、職員を守る立場である校長が、被害者(とされる)側の証人として出廷し、喜邑を有罪にするための証言をするというのも非常に残念な話です。始めから中立な立場ではなく、保護者側の味方になったことの証明といえます。最初に女児の母親との話し合いの場がきちんとあれば、このような大事になっていなかったでしょう。