冤罪で逮捕された喜邑拓也(きむらたくや)さんの無罪を求めます!!

喜邑拓也(以下、喜邑さん)は、さる11月21日、中村区の自宅において強制わいせつの疑いで逮捕され、 西枇杷島署に拘留されました。更に12月9日、一旦釈放の後、「別件」という形で再び不当な逮捕で拘留されました。 しかし、弁護士による「準抗告」が認められた結果、この別件逮捕による勾留延長は取り消され、喜邑さんは釈放 されました。ところが、1月23日、検察庁は、不当にも喜邑さんを「在宅起訴」としました。喜邑さんは強制わいせつなどしていません。 「冤罪」での起訴は不当です。

9月12日の公判も902号法廷

【9月12日の公判も902号法廷】

 9月12日の第4回公判(岡春彦校長の証人尋問)が902号法廷で行われることが決まりました。  
初公判、第3回公判(第2回裁判は非公開)では、定員よりもはるかに多く、あふれるほどの傍聴希望者が集まったので、世間一般からすれば、次回はより多く傍聴者が入れる法廷(大法廷など)で開廷しようと考えるのが普通だと思いますが、次回の公判も902号法廷、傍聴者の定員は変わりません。これは、どうしても検察側の圧力に思えてなりません。
 先回の公判では「特別席」が5席用意してあり、被害者(とされる)側の人が座っていました。次回も同じ部屋なので、特別席の設置、傍聴券の配布が予想されます。

 次回の裁判は9月12日(火)13:30~14:10、岡春彦校長の証人尋問です。校長をビデオリンクにすること、非公開裁判にすることは考えられませんが、これまでのことを考えると、検察側がこちらに何らかの圧力をかけてくる可能性は大いに考えられます。

問い合わせ先 名古屋地裁 刑事2部 052-203-8940

 

f:id:kimuratakuya-enzai:20170721165534j:plain