冤罪で逮捕された喜邑拓也(きむらたくや)さんの無罪を求めます!!

喜邑拓也(以下、喜邑さん)は、さる11月21日、中村区の自宅において強制わいせつの疑いで逮捕され、 西枇杷島署に拘留されました。更に12月9日、一旦釈放の後、「別件」という形で再び不当な逮捕で拘留されました。 しかし、弁護士による「準抗告」が認められた結果、この別件逮捕による勾留延長は取り消され、喜邑さんは釈放 されました。ところが、1月23日、検察庁は、不当にも喜邑さんを「在宅起訴」としました。喜邑さんは強制わいせつなどしていません。 「冤罪」での起訴は不当です。

女児の証言に基づくイラスト

1枚目は女児の証言に基づくイラストです。

 掃除の時間、喜邑の左でしゃがんで下を向いて掃除をしていた。そのとき喜邑が背筋を伸ばしたまま右手で胸を触ってきた。この状態で服の中に手を入れて乳首を弄んだという。イラストを見ても不自然極まりないことが分かると思います。

2枚目は喜邑の証言に基づくイラストです。

 掃除の時間、教室には20人以上の児童がいた。喜邑は事務机で漢字ノートを採点しており、ごみをたくさん取った当該児童を褒めるため頭をなでようとしたところ、手が届かず顎から首にかけてのところに当たった。これが事実です。

 

f:id:kimuratakuya-enzai:20170708155150j:plain

f:id:kimuratakuya-enzai:20170708155157j:plain