冤罪で逮捕された喜邑拓也(きむらたくや)さんの無罪を求めます!!

喜邑拓也(以下、喜邑さん)は、さる11月21日、中村区の自宅において強制わいせつの疑いで逮捕され、 西枇杷島署に拘留されました。更に12月9日、一旦釈放の後、「別件」という形で再び不当な逮捕で拘留されました。 しかし、弁護士による「準抗告」が認められた結果、この別件逮捕による勾留延長は取り消され、喜邑さんは釈放 されました。ところが、1月23日、検察庁は、不当にも喜邑さんを「在宅起訴」としました。喜邑さんは強制わいせつなどしていません。 「冤罪」での起訴は不当です。

署名のご協力をお願いします

【署名のご協力をお願いします】

 私、喜邑拓也は今、裁判で冤罪と闘っています。公正で公開されるべき裁判が、非公開になって密室裁判になったり、証人の姿が遮蔽されたりしています。私は人生をかけて裁判に臨んでいます。

 これ以上不公平な裁判が行われないよう、裁判官に嘆願書を提出し公明正大に公開裁判をしていただけるよう、お願いします。

 そこで皆様にぜひ、嘆願書に署名をお願いしたいのです。ご近所の方には直接嘆願書をお渡しして、お受け取りします。遠方の方には、嘆願書のデータをプリントしていただき、ご署名をお願いします。その嘆願書を携帯で撮影して、こちらのアドレスに送ってください。

n_kimutaku(アット)ybb.ne.jp
※(アット)を@に変えてください。

6月22日に裁判官に提出します。
どうかどうか、ご協力お願いします。

 第3回裁判(7/7 AM10:00~)は、検察側より非公開の要望が出ていましたが、弁護士の意見書によって公開となりました。しかし、女児の母親の証言は、別室からのビデオリンクとなり、傍聴者には姿が見えないように遮蔽されることとなりました。女児はともかく、母親までもが身を隠しての証言になります。私は無罪なのに世間にさらされ、多くのものを失いました。正々堂々と闘ってほしいものです。

PDFデータ http://music.geocities.jp/n_kimutaku/tangan.pdf

f:id:kimuratakuya-enzai:20170708155105j:plain