冤罪で逮捕された喜邑拓也(きむらたくや)さんの無罪を求めます!!

喜邑拓也(以下、喜邑さん)は、去る平成28年11月21日、中村区の自宅において強制わいせつの疑いで逮捕され、 西枇杷島署に勾留されました。更に12月9日、一旦釈放の後、「別件」という形で再び不当な逮捕で勾留されました。 しかし、弁護士による「準抗告」が認められた結果、この別件逮捕による勾留延長は取り消され、喜邑さんは釈放されました。ところが、平成28年1月23日、検察庁は、不当にも喜邑さんを「在宅起訴」としました。喜邑さんは強制わいせつなどしていません。「冤罪」での起訴は不当です。

冤罪の出来るしくみ

私は、掃除の時間に、女児の着衣の中に手を入れ、胸を触ったとして、逮捕・起訴されました。
 しかし、警察・検察・裁判官には、冷静になって考えていただきたいです。

・掃除中、20人以上の児童が教室にいた
・真冬であり、女児は何枚も服を着用している
・給料をもらって仕事に集中している最中である
※やっていないことなので、当然、目撃証言は無し
※もしそのような事実があれば、周囲の児童が目撃し、その日のうちに多数の保護者から苦情の電話が相次ぐはずである

・臨時教員は一年更新の為、不適切な行為があれば、当然翌年は採用してもらえない

 何故に人生を賭けてまで、小学1年生の「無い胸」を触らなければならないのでしょうか。