冤罪で逮捕された喜邑拓也(きむらたくや)さんの無罪を求めます!!

喜邑拓也(以下、喜邑さん)は、さる11月21日、中村区の自宅において強制わいせつの疑いで逮捕され、 西枇杷島署に拘留されました。更に12月9日、一旦釈放の後、「別件」という形で再び不当な逮捕で拘留されました。 しかし、弁護士による「準抗告」が認められた結果、この別件逮捕による勾留延長は取り消され、喜邑さんは釈放 されました。ところが、1月23日、検察庁は、不当にも喜邑さんを「在宅起訴」としました。喜邑さんは強制わいせつなどしていません。 「冤罪」での起訴は不当です。

第2回目の公判が非公開

昨日、裁判官により、第2回目の公判が非公開で行う決定がなされました。検察側の要求が次々に採用され、都合の良い証拠・供述調書しか提出されていません。これでもって裁判官は「公正な立場でジャッジする」とされていますが、到底納得できるはずもありません。こうして冤罪が作られていくのです。

前回の初公判では、傍聴席の定員45名のところ、80名近くの方が駆け付けてくださり、廊下にあふれ出るほどでした。今回の裁判は非公開のため、傍聴することができません。
そのため、以下の通り、弁護士と本人による裁判後の説明会を行います。

5月25日(木)16:30~18:30
桜華会館 南館3階 桜花の間(裁判所の向かい側)